ローファイ・ヒップホップってなに? おしゃれでBGMにぴったりな楽曲♡ 

スポンサーリンク
オシャレ
オシャレ

こんばんは、サカチです。

「Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)」という音楽ジャンルをご存じでしょうか?
わたしは全く知りませんでした。

今回はLo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)が気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)を気になったキッカケ

女の子 音楽 聴く

わたしがLo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)が気になったのは、こじはること「小嶋 陽菜さん」のYouTubeを見ていたときのこと。


「こじはるの動画BGM、いつもオシャレだな……」

どこからそんなにオシャレな曲を選んでくるの?
どうやってそんなにオシャレな曲を発掘してくるの?


ずっと気になってました。
こじはるの動画をBGM代わりに動画を流すファンがいるとご本人がおっしゃっていましたが、私もそのうちの一人ですね。

どうやらLo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)というジャンルらしい

こじはるのTwitterで答えを見つけました。
現在固定されているツイートにVLOGについてインタビューされている記事がありましたので、詳細は以下から。

「ユーチューバーではない」発言の真意──小嶋陽菜がVLOGに見出した可能性とは?
「令和になったので新しいことを!と思い、私はずっとやってみたかった


2018年末頃に中国や韓国でもVLOGが流行り始め、その中で使われていた楽曲が「Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)」が多かったとのこと。
そこでこじはるはもともとLo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)が好きだったので、現在の「VLOG」に可能性を見出したようです。

こじはるの動画で使用されているのが全部が全部Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)ではないですが、とても気になったのでYouTubeで検索してみました。

Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)とはどんな曲?

これについては様々な見解があります。
別名ChillHop(チルホップ)と言われ、古いジャズやソウルからサンプリングされた上ネタに、レイドバック感のある“ヨレた”ドラムで構成されたヒップホップのことを指すんだそうです。

声はほとんど入っていません。
なので作業用BGMとしては抜群に相性がいいのです。
音も激しくないし、邪魔にならないテンポ感なので心地よく聴けちゃいます。


個人的には「現代的」「近未来的」なイメージ。
でもどこか懐かしさを感じるような……全体的にゆる~い雰囲気です。

オシャレなカフェとか美容院にBGMとして流れていそう。
場所は代官山と青山とかかなあ。自由が丘なんてのもいいかも。
雑誌に例えるなら「UNION」「MERY」「bis」「LARME」が好きな方は聴いてそうな曲です。

今風に言うのであれば「エモい」です。
もうこれは聴くしかないのです(笑)

個人的なオススメ動画

都会の夜を眺めながら聴くのにイメージ画としてもぴったりです。
パステルのようなネオンのような……。
楽曲もそんなイメージです。
何周でもできちゃいます。

こちらは総4憶を超える24時間配信チャンネルです。

日本住んでいるわたしたちが夜ならば、窓の外に映る景色は朝なんです!
フランス発とのことなので、そちらの時間帯に合わせているのでしょう。


大体いつも2~3万人の方がこの動画を見ています。
世界の人たちが一緒に聴いているんだと思うとなんだか不思議な感じです。

まとめ

お部屋に招かれた時や、車に乗ったときに「Lo-fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)」が流れていたら、「今どきだな~~」と個人的に感じる楽曲です(笑)


朝のBGMや夜ゆっくり過ごした時に流すのにぴったりの楽曲です。
わたしも聞きながら作業しますが、なんだか気取れて捗る気がします(笑)



上記の動画でもおすすめした「city girl」ですが、なんと「アマゾンプライム会員」なら無料で聴けちゃいます!!
私はもちろんアマプラ会員なので、何回もリピです♡

↓    ↓    ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました